今見ている人の数→

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄ランの問題点

2009年12月30日 14:20

月刊鉄道ランキングは、次の12月版で1年続けてきたことになります。
色々な動画が紹介できて、好評をいただけたのですが、その間に問題点も出てきました。
なので、今一度、その点を洗い出したいと思います。


問題点1:1カ月間の新着動画しか集計しない
他の、有名な大手のランキングさんでは、1ヶ月以上前の動画も検索対象にしています。
でも、鉄道のように動画があまり伸びないジャンルだと、古い動画が上位独占する可能性も否めないんですがね・・・

それに、近頃はこの制度を採っているので、セカチャクの影響をモロ受けています。
今までは100以内に入ることは珍しかった、走行音だけの動画や画質の低い前面展望もランクイン。
なんか対策は無いものでしょうか?これでは、セカチャクに出た動画を紹介しているみたいです。
集計している側から見ると、そのもう少し下(110-180くらい?)に隠れた名作が多いです。



問題点2:ピックアップはうp主の好みじゃないの?
はい、その通りですw
セカチャク開始前は、上位100の中からよさげな動画を選んで紹介していました。
なので、好みが入ってますw

先月からはセカチャクの影響があり、100位以下にも優秀な動画が埋もれるようになりました。
なので、再生数に対してマイリス率が5%を超える動画(500再生だと25マイリス)を紹介してます。
しかし、マイリスの少ないけど面白い動画もありますし、どうしたものかなと頭を悩ませています。


問題点3:エコノミー症候群
恐らく、発現したのは10月版からだろうと思います。ここから、画質を上げましたので。
11月版は回避用も別にうpしましたが、好評だったので、12月からは本編も回避にします
よそのランキング動画では、回避にしているところが多いので、それに合わせようと思いました。


問題点4:シリーズ動画の取り扱い
どこまでがシリーズ動画にするかが微妙なところです。
鉄道m@ster、A列車、取材、旅行記などの同一作者のシリーズは原則1作品だけにしています。
こういったシリーズは、シリーズ内で同じような流れにあるために1作品にまとめていました。

しかし、困ったことに流行中の「迷列車で行こうシリーズ」は基本、1話完結のシリーズです
本当は同一作者のシリーズは1作品にするべきですが、取り扱うものが毎回違うために躊躇します。
また、除外対象に「鉄ラン」と書いてありますが、週刊やA列車ランキングも出来たので、どうしよう。


問題点5:検索タグの多さ
これは視聴者の問題点ではなく、うp主が作る時の問題なのですが、検索対象のタグが多すぎです。
前にも書きましたが、あまりにもタグが多すぎるので、一部検索が出来てないタグもありました。
全部のタグを機能させるのは60と書きましたが、その後の調査で、30程度と分かりました。

なので、一部のタグは事業仕分けの対象になり、廃止となりましたw
事業仕分けの対象:國鐵廣島 接近メロディ 通勤ラッシュ 鉄道社歌シリーズ 鉄道唱歌 ニコニコ鉄道旅行記 爆弾ドア オリジナル鉄道メロディリンク
上のタグは、「鉄道」や他の検索対象となっているタグと一緒にあることが多いため、ご安心ください。
一番確実なのは、「鉄道」タグを付けることです。


あと、来年用に新フレームを作りました。動画情報を色々と表示する部分のことです。
「2009年を振り返る」ランキングから使用予定です。お楽しみに。
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。